夏にはこれですね

画像
またまた鉄魚グッツが贈られてきました

「なのえや」オーナーのあやるさんのイラストを団扇にしてくれました
倶楽部の名入りです
「なのえや」さんは金魚グッツを中心にいろいろ販売されているようです
実物を見てからと言う方は「金魚屋よこいち」さんへ
あの羊毛一期屋さんも出展していますよ
通販はshop-online.jp/ayaru/で購入してください

羊毛鉄魚

画像

如何でしょう
お気に入り羊毛鉄魚!

当倶楽部公認作家(勝手に決めちゃいました)で羊毛一期屋のオーナーえれさんの作品です
羊毛金魚を見ましたが少しお茶目で優しさと安らぎを感じる作品のよう
たぶん 旦那さんがそうなのでしょう
金魚のアクセサリーもお勧めですよ
興味のある方はmai19811210@gmail.comへお問い合わせください
ツイッターでも確認できます 

産卵前が大事そして 後も

産卵前に良質の水を作っておきます ※水道水の取り置きだけでは良い魚が
産卵床の準備が出来たら選んだオスとメスを発砲箱に入れます

産卵が終えたら親を取り出します 
画像水が汚れていますので事前に用意したミネラルたっぷりの水に変えます
孵化をしたら水は毎日少しずつ換えるようにしています
換え水も薄い青水とミネラル(Action)を配合したものを用意しています
一匹も落ちる事なく元気にすくすく育ちますよ

画像

レアな鉄魚

画像
画像ではわかりにくいのですが 透明鱗の鉄魚です
殆ど見る事が出来ません
アルビノは残念ながらまだ飼育していませんので機会がありましたら知り合いの鉄魚をアップします
魚取系で透明鱗やアルビノを飼っているブリーダーはなかなか見せてくれません
魚取系としてそれらを販売していたらよ~く調べてお迎えくださいね

NHK大河ドラマ「花燃ゆ」のオープニング映像には鉄魚が泳いでいる

http://youtu.be/vCk6KuvHRms ←クリック
鉄魚が長寿の魚と言われている理由の一つに育て方があります
無理に短期間で大きくしようとせず成長に合わせて餌を与えることで内臓疾患など病気をさせないようにしましょう 逆に餌を少量しか与えない方もいるのでしょうがこれも成魚になった時に弱さがはっきり表れてきます 個体に合わせた餌やりを心がけることが長生きの秘訣なのです

冬はご注意

水族館の方が事務局に遊びにきてくれました
冬の淡水魚(金魚含む)で気を付けたいこと 
一般家庭で飼っている魚が立ち泳ぎや水面を泳いでいる場合は内臓の状態が悪い可能性があるんだそうです
まだ解明されていないようですがこの時期に体力が弱ったところで内臓に雑菌が入り 蝕むのではないかと考えているようです
特に水面を泳いでいる場合はキビシイとのことです
海水魚ではその症状は稀とのことでヒントがありそうですね

また

当倶楽部では今の時期 鉄魚を動かすことはしません
大型淡水魚や有名な金魚飼育者もこの時期は特別な理由がない限り動かしません
魚のストレスが倍増するからです 
販売などで輸送するなどは以ての外です 一泊するだけでその間水温の上下が激しい上に 
お迎えされた方に迷惑がかかります
もしどうしてもお迎えしたい場合は梱包をする際 一定温になるよう工夫してもらうようお願いして 
着いたら半日ぐらい点滴などで時間をかけて水合わせをしましょう 
ということで
当倶楽部の鉄魚をお迎えしたいとお考えの方は春の息吹を感じるまでお待ちください

花燃ゆのオープニング

NHKの大河ドラマ「花燃ゆ」のオープニング映像に鉄魚の泳いでいる姿を見てどうしても鉄魚が欲しくなったとのことで千葉県在住の方から事務局にお問い合わせがありました
全く気付かず恥ずかしい限りです
ところでこの鉄魚当倶楽部の鉄魚に似ているような…



「タイトルバック チームラボ ~「書」の奥深さを再構築~」より
http://www.nhk.or.jp/hanamoyu/special/interview/index07.html
画像


謹んで新年のご挨拶を申し上げます

画像

新年にあたり宮城鉄魚倶楽部よりお知らせです

今まで販売を控えていましたが
多くの方々から販売のお問い合わせ ご要望を頂いておりました
そこで今年より事務局のアイハート仙台で1月4日より一部販売を解禁します
実際に鉄魚をご覧になりお求めください
尚 お越しになれない方のために各グレードの中で最上級を選んでお送りいたします

お越しの際には事前にご連絡ください
℡022-373-4535 090-2796-5746

上見でどうぞ

画像如何でしょうか 鉄魚の上見も良いものです
まず体形が細すぎずしっかりしていることが条件です
胸ビレは静止の状態では横に広がって尻ビレまで伸びている 腹ビレは尾ビレまでとどいている 
尾ビレは体長の3分の2以上の長さを持っているかなどを見ると良いでしょう

これは一般的な鉄魚です
上物ではありますがまだまだです

画像



これはメスです 
メスは一般的にヒレが短いものですがこれは良いです
欲を言えば尾ビレがもう少しでしょうか
画像





残念です胸ビレの幅が足りません弱く見えてしまいます
三匹とも若いのでこれからに期待しています

青色?

画像 
画像
オス親が青色鉄魚でメスは茶色鉄魚から生まれた幼魚です
水槽飼いではなかったのですが微妙に色が違うので水槽に移したらこんな色になってました
早い時期に青色になった場合はなぜか色がとびます
3歳以降に青色になると色が固定するようです  
ですから青色専門で鉄魚を追及しますといつ青色に変わるかわかりませんので外には出せなくなります
増えることを覚悟しなければなりません  大変です
この鉄魚はこれから青色になるものと期待しています
どのようにしたら青色になるのか研究している方がいらっしゃるなら教えてもらいたいものです

残念です

画像
画像
ツイッターで以前つぶやいた1933年(昭和8年)以前に採取した鉄魚の件
見学をお願いしたところ 泳いでいるので見えないだろうから池からあげて見せようと網をしかけて×してしまった鉄魚です 
これは子孫のようです
鉄魚飼いの仲間は原種と呼んでる体形をしています
この体形から当倶楽部では様々な方法(金魚と交配だけはしておりません)で独特の鉄魚に仕上げています
当倶楽部では鉄魚本来の体形をした個体も大事に育てています
皆さんはどちらがお好みですか

鉄魚の魅力

画像
鉄魚が反転した時や餌を食べる時ににフワッとヒレが広がります
あの姿は何とも言えません
何時間見ていても飽きが来ることがないんですよ それが鉄魚の魅力なんでしょうか
画像



鉄魚のヒレは大きくなるほど薄くなるようです
鉄魚飼いの仲間たちは大きくそれでいて厚いヒレ作りを目指して飼育していますがなかなか上手くいきません
でも厚くしたら独特の優雅な動きではなくなるのかもしれませんね

秋ですねぇ

画像

お気に入りの3才魚です 少しヒレを傷めています
これから一枚尾にしていこうと思います
 
この時期 水槽の温度差には気を付けてください 
しかし 水温が変わるからと放置して水管理をしっかりしないと時間とともに水槽内で少しずつ水質が悪化しています
そのまま放置していると、飼育にそぐわない水になり鉄魚に大きなストレスを与えることにもなります
水替えは鉄魚に悪さをする亜硝酸やアンモニアそして硝酸塩などをを減らすためにします
つまり水質を整えることが水換えの目的です
ですから見た目できれいな水と思いそのままにしているとうっ血やヒレ裂けなど悪い影響を与えてしまいます
更にストレスを与え続けると免疫の低下を起こすことになりますので病気にもかかりやすくなります
また蒸発でなくなった分を補充するだけの足し水では亜硝酸やアンモニアの濃度が濃くなるだけなので注意も必要です
良い水は鉄魚をきれいに育ててくれます

アクアのプロを夢見て

画像
鉄魚が教材です

東日本最大級のペット専門学校 
仙台総合ペット専門学校の飼育管理科 アクアコースで勉強する学生さんたち
熱帯魚や海水魚など厳選された生体と充実した設備が整っています
http://www.sugawara.ac.jp/pet/subject/breeding/index.html





画像
専門的に鉄魚を育てる事が出来るのは日本で一校だけ
提供した鉄魚は幼魚ですが厳選したものですので良い環境で勉強できますね
目指せ! 鉄魚飼育のプロ!










画像
ただいま90㌢水槽で水合わせ中
10月4日のペット祭りに間に合うかなぁ

良いでしょう 鉄魚グッツ

画像
金魚七宝店さんのキーホルダーです ペンダントやブローチにもなります
当倶楽部の鉄魚を飼っているので微妙なひれの特徴を捉えています
丁寧な七宝を作るお勧めのお店です
http://space.geocities.jp/kingyo_shippou_store/

画像

おやこkujiraさんの鉄魚グラスです うろこも綺麗に彫っています  これでお酒を飲むと美味しいんです
http://www11.ocn.ne.jp/~o_kujira/



どちらの作家さんもオリジナル注文が出来るお勧めのお店です

二校目

画像

榴岡小学校に続いて仙台市立泉松陵小学校でも鉄魚を飼育することになりました
泉松陵小学校は仙台市泉区の松陵ニュータウン内にあった松陵小学校と松陵西小学校が統合して25年4月新たに開校しました
小学校では金魚やシナイモツゴ ドジョウなどを飼育しています
この小学校でも子供たちだけでなく父兄をはじめ皆さんが見れるよう玄関正面に鉄魚水槽を置いて頂きました
今回は夏休み中だったので子供たちとは会う事が出来ませんでしたがきっと大事に育ててくれることでしょう

撮りました

画像
本気で構えて撮ったのですが













 
画像
少し粘ってみました

鉄魚の撮影は難しい…
みんな同じ水槽の兄弟鉄魚です
成魚の体形になるまでにはもう少し時間が必要ですが大人になればハンサムさんになりそうです
この時期の鉄魚はヒレが伸びている最中でデリケートです
すくい方が悪いとヒレがすぐに傷つきますので移動はできるだけ避けましょう
 

初めて

画像
見づらいのですが初めての青色鉄魚のメスです
お父さんは6か月の段階で青色になったのですが子供たちは2歳になって青色が出てきました
今は1匹なのですが何匹か青色になりそうです
今のところメスは1匹なのでこれも来年は交配の候補になります 

三才メス

画像

まだ三歳のメスです
鉄魚のメスは一般的にヒレが短いのですがオスの成魚に近い仕上がりの想像ができる良い体形をしています
今年は卵を取らなかったので来年交配しようと思います

良い体形と言っても団体ごとに微妙に違っていますので統一基準を上部団体の「鉄魚の守人」で策定中です  各品評会ではその基準に従って批評できるよう公表していきたいと考えています



行ってきました

画像

8月2日(土) 東京大学弥生講堂において「生き物文化誌学会12回学術大会」に参加しました
参加者は皆さん研究者 
この学会の目的の一つとして生物学的見地だけでなく 文化的な視点で物事をとらえ研鑽しているところが鉄魚の世界とピッタリです
今回の学術大会のテーマは「巨大生き物の世界」  
シンポジュウムで「万田発酵の挑戦」は植物だけでなく鉄魚飼育にもヒントとなる非常に興味深い内容で宿題が増えました



画像



昼休みには鉄魚水槽の所で参加者と話をしていたところにニチドウの会長の案内で秋篠宮様がいらっしゃってお声掛けを頂きました
宮様は開口一番「carassius carassius」ですねと 個人的には「carassius auratus」に分類されるのではと思うのですが やっぱり「carassius carassius」なのですね ハイ!
その後 昭和天皇の鉄魚研究の話や今でも皇居の池に鉄魚が泳いでいること プライベートで宮様が飼育している金魚がフナ色に変わった事など面白いお話を伺う事が出来ました
一生に一度 いや一度も無いと思われる貴重な時間に感動した一日でした

8月の活動予定

8月の当倶楽部の活動予定

2日(土)~3日(日)
 学術大会 
 東京大学 弥生講堂
 テーマ 「巨大生き物の世界」

10日(日)
 定例会議
 テーマ 「学術大会報告と9月の展示即売会及び品評規定について」

いよいよ夏本番

画像
夏は鉄魚と一緒に泳いでみたいものです
涼しいでしょうね

水温が上がるこの季節は水槽の水が早く悪くなります
鉄魚は水が汚れるとヒレが切れたりうっ血が出てきます
一回の水の量は少なくても良いですが早めに換えるようにしましょう

アクアリウムバスに参加します

アクアリウムバス主催者に直撃インタビュー!!|みずものコム編集部レポート||熱帯魚のことなら『みずものコム』 http://mizumono.com/special/report/008824.php#OkBHz7F.twitter_tweet_count_m


画像
当倶楽部では障害者支援を行おうと宮城県身体障害者福祉協会 第二啓生園の皆さんの作品をアクアリウムバスで販売します
皆さんご協力よろしくお願いします



画像

また宮城県観光課さんから170ページもある宮城県の観光ガイドブックなどのご協力を頂きました
延べの冊数はかなりありますが先着順に配布予定ですので是非お立ち寄りくださいね
8月6日から3日間仙台七夕まつりなどが開催されますのでぜひガイドブックをもって宮城にお越しください



鉄魚の同居人

画像


大きな鉄魚と同居していたドジョウです
こんなに大きなドジョウを見たことがありません
昨日水槽にあげました
鉄魚が小さく見えますね
とにかく大きいんです
う~ㇺ
鉄魚が食べられそうなので次の休みに戻そうかな

羽衣天魚

画像



鉄魚は詫びや寂の日本的な魅力があります
「羽衣天魚」とはヒレの優雅な動きが天女の羽衣を想像させることから鉄魚をそう呼んでいます
時間をかけて育てることで鉄魚本来の姿を見ることができます


昭和天皇と仙台七夕そして鉄魚

画像
仙台藩祖伊達正宗公の時代より続く仙台七夕
1947年 昭和天皇巡行の際に仙台商人の心意気を見せようと5000本もの竹飾りでお迎えしたのが現在の仙台七夕の原形 
遡ること4年前の1943年には鉄魚の献上を宮城県からしています






写真の「伊達fan」は宮城や仙台の情報がいっぱい 
7月27日に開催されるアクアリュウムバスでご来場いただいた先着200名様に差し上げます
この冊子を持って8月6日~8日まで開催される仙台七夕に来てけさぃん

良いですよ

画像

通常 鉄魚は時間をかけて形を作っていきます
一才ですが体形に成魚の片鱗が出ています
青色系統の鉄魚なので三才以降青色に変わるかもしれません 
春の鉄魚まつりで初めて販売しましたが7月27日都立産業貿易センターでも販売します
今回限りの特別販売となります
もちろん お手頃価格です